おもちゃ図書館

おもちゃ図書館は、発育に遅れがあったり、さまざまなハンディのために上手に遊べない子どもたちや、人との関わり合いがうまくできない子どもたちのための「遊びの場」です。
発達にあったよいおもちゃを選び、遊ぶことを通して「人」や「もの」との関わりを豊かにしたいという願いから始まったもので、日本全国で活動が広がっています。おもちゃ図書館「てくてく」では、保護者の方や、ボランティアと一緒に、たくさんのおもちゃを使って楽しい時間を過ごし、子どもの発育を促すことを目的に、月2回活動しています。

  • デイ写真
  • デイ写真

開館時間・場所

2017年度開館日

毎月第2・第4土曜日

4月 8日 22日 5月 13日 - 6月 10日 24日
7月 8日 22日 8月 - 26日 9月 9日 -
10月 14日 28日 11月 11日 25日 12月 9日 -
1月 13日 27日 2月 10日 24日 3月 10日 24日

時間

13:00~14:30 ゆったりタイム(ハンディのある子どもたち対象)
14:30~16:00 共にふれあうタイム

場所

阿倍野区在宅サービスセンター
大阪市阿倍野区帝塚山1-3-8

ボランティアを中心にさまざまな活動を行っています

この活動を主に支えているのは、ボランティアグループ「オリーブ」。子どもたちと一緒に遊んだり、ハンディのあるお子さんのお母さんのお話を聞いたりしています。
また開所日とは別の日に布おもちゃの制作をしているグループもあります。年に数回の運営委員会では行事の企画だけでなく、おもちゃ図書館「てくてく」のあり方についても話し合っています。

ご利用者の声